Get fresh updates from Hortonworks by email

Once a month, receive latest insights, trends, analytics, offering information and knowledge of the Big Data.

cta

Get Started

cloud

Ready to Get Started?

Download sandbox

How can we help you?

closeClose button
June 21, 2017 | Tom Hastain | Hortonworks Case Study

How Walgreens Boots Alliance Uses Hortonworks to Provide Exceptional Customer Experience

June 21, 2017 | Saumitra Buragohain | From the Dev Team, Hadoop Ecosystem

Data Lake 3.0: What’s a self-driving car got to do with Data Lake 3.0?

June 21, 2017 | Piet Loubser

Forrester Lists Hortonworks as a Leader in Big Data Warehousing

Viewing posts: 日本語 (Japanese)« Back to all

X
FILTERS
ALL
TECHNICAL
BUSINESS

All Topics















All Channels











CLEAR FILTERS

AWS Marketplaceで、「Hortonworks Data Cloud for AWS」が公開されました。これにより、AWS上で簡単にApache Hadoop、Sparkをベースにしたデータ分析用プラットフォームを展開する事ができます。このWebinarでは「Hortonworks Data Cloud for AWS」の概要とデモをお見せしながら、どのようにApache HadoopやSparkのクラスタを展開するのかについて解説します。

Apache Hadoop, SparkをベースにしたHortonworks Data Platform (HDP)により、セキュリティ、ガバナンスを重視しながら蓄積されたデータを分析する基盤を構築可能です。このWebinarでは、Hortonworks Data Platformの基本について解説し、爆発するデータを蓄積・分析する基盤をどのようにコストをかけずに構築可能かについて解説します。

Apache NiFi、Kafka、Stormを備えたHortonworks DataFlow (HDF)は、IoTデバイスやソーシャルデータ、Webサーバーのログなどからオンプレミスやクラウドのデータストアまで、リアルタイムにデータを収集、分析、配信することができる統合プラットフォームです。このWebinarでは、Hortonworks DataFlowの基本について解説します。

ホートンワークスは、2016年9月9日(金)、日本最大の金融ITフェア「FIT 2016」(金融国際情報技術展)に出展します。 FIT 2016(金融国際情報技術展)について 名称: FIT2016 (Financial Information Technology 2016) 金融国際情報技術展 公式ページはこちら 主催: 日本金融通信社(ニッキン) 会場: 東京国際フォーラム(東京・有楽町)ホールE・ホールD5・ガラス棟:MAP 会期: 2016年9月8日(木) – 9月9日(金) 2日間開催 展示会: 10:00~18:00 入場無料: 金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。それ以外の方は、入場券が必要となります。一般企業の方で入場券が必要な方は、ホートンワークス (info.japan@hortonworks.com) までご連絡ください。 ▼ 参加申し込み ▼ https://fit.smartseminar.jp/public/application/add/228#seminar1020 ホートンワークスジャパンのセッション 【第1部】保険業界におけるビッグデータ戦略の課題と解決策 〜最新事例から学ぶ〜 日時: 2016年9月9日 10:00 – 11:00 場所: ガラス棟5F GC会場(G-502号室) 概要: このセッションでは、保険業界で先行企業がどのようにビッグデータを活用しているか、事例を取り上げながら解説します。例えば、利用ベース自動車保険(UBI: Usage-Based Insurance)は世界的に普及が進んでおり、米国や英国などの先行市場に加えて、日本でも成長が見られます。しかしデータ量の増加と必要なデータの速度と多様性が既存のシステムとプロセスに負担をかける場合があります。また、損害査定時に、詐欺行為と有効な請求とを区別する必要がありますが、クレームメモやソーシャルメディア分析結果などの非構造化データを組み合わせる事で分析効率が向上すると言われています。先行企業でこのような問題をどのように解決しているかを紹介します。 【第2部】金融業界におけるビッグデータ戦略の課題と解決策 〜最新事例から学ぶ〜 時間: 2016年9月9日 11:15 – 12:15 場所: ガラス棟5F GC会場(G-502号室) 概要: […]

このWebinarでは、モダンデータアプリケーションの基盤に必要な、Hortonworksの「Connected Data Platforms」と「EMC Isilon Storage」との組み合わせについてご紹介します。「Hortonworks Data Platform」や、「Hortonworks DataFlow」、「EMC Isilon Storage」を組み合わせることにより、柔軟性、低コスト、データプロテクションやセキュリティを提供できます。また、どれくらい簡単に分析プロジェクトを開始し、結果を出せるかについてもお話しします。

Apache Ambari

今回はHortonworks Data Platform(HDP)のクラスタマネージャであるApache Ambariをご紹介します。Ambariを利用するとクラスタの構築やノード・サービスの追加や削除、各種サービスの設定の管理を容易に実現することができます。本Webinarでは主にAmbariの機能群をご紹介していく予定です。

今回のウェビナーでは、Hadoop1.xからみなさまに深く親しまれてきたApache Hiveが昨今、どのような形で高速化されてきたかについて話します。MapReduceからTezに変わった実行エンジン、インデックスを持ったカラムナーファイルフォーマットであるORC、モダンなCPUを最大限に活用するVectorization、Apache Calciteを利用したCost Based Optimizerによる実行計画の最適化、そして1秒以下のクエリレスポンスを実現するLLAPについて説明します。いずれの機能も数行の設定やコマンドで活用可能なものばかりですが、今回はそれらの背景でどんな仕組みが動いているのか、どんな仕組みで実現されているのかということについて話します。

<d このセッションでは、Hadoopを取り巻く最新事情や事例をまとめてお伝えするとともに、Hortonworks Data Platform (HDP) の最新版であるHDP2.4を始めとし、データフローの管理ソフトウェアパッケージであるHortonworks DataFlow (HDF)、クラウド環境へのHDPのデプロイを簡単に行うCloudBreakなど、Hortonworksの提供するソフトウェアをひと通りご紹介いたします。Hadoopについて知りたい方から、普段Hadoopを触っている方にもお楽しみいただけるよう、できるだけ技術的な話を中心に説明いたします。