Get fresh updates from Hortonworks by email

Once a month, receive latest insights, trends, analytics information and knowledge of Big Data.

Sign up for the Developers Newsletter

Once a month, receive latest insights, trends, analytics information and knowledge of Big Data.

cta

Get Started

cloud

Ready to Get Started?

Download sandbox

How can we help you?

* I understand I can unsubscribe at any time. I also acknowledge the additional information found in Hortonworks Privacy Policy.
closeClose button

Apache Hiveの今とこれから

Recorded on April 22nd, 2016

今回のウェビナーでは、Hadoop1.xからみなさまに深く親しまれてきたApache Hiveが昨今、どのような形で高速化されてきたかについて話します。MapReduceからTezに変わった実行エンジン、インデックスを持ったカラムナーファイルフォーマットであるORC、モダンなCPUを最大限に活用するVectorization、Apache Calciteを利用したCost Based Optimizerによる実行計画の最適化、そして1秒以下のクエリレスポンスを実現するLLAPについて説明します。いずれの機能も数行の設定やコマンドで活用可能なものばかりですが、今回はそれらの背景でどんな仕組みが動いているのか、どんな仕組みで実現されているのかということについて話します。

Comments

Naoya Ikeda says:

海外にいるため、参加は難しいですが資料は頂きたいと思います。

Quoc-Thai Dang says:

こんにちは、あなたは今、記録を見ることができます。ありがとうございました

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *